久しぶりに「物語」を読む

カテゴリ:

「小説」を読まなくなった。

が、今回久々に幾編か読んだ。
おおよそ二ヶ月前、子の「夏休みの宿題」の手伝いのため、近隣の図書館に付き添った。その際、幾つかの本を借りた。

SFの古典として「題名」だけ知っていた、ハーバート・ジョージ・ウェルズの『タイム・マシン』を借りた。私が借りたのは『創元SF文庫―ウェルズSF傑作集1』とかいうヤツ。以前、ウェルズについては『宇宙戦争』だけは読んだ。『宇宙戦争(原題 The War of the Worlds)』は、タコみたいな形態の「火星人(という架空の存在)」の元ネタとなったと言われる作品である。

この『傑作集』で私が一番気に入ったのは、その冒頭に収録されていた『塀についたドア』であろうか。まぁ、『タイム・マシン』も面白いけど。
何しろ私は「サイエンス」成分が少ない『塀についたドア』を面白く感じたのである。この書籍の編集者も、『塀についたドア』が良いと思い、冒頭に配置したのだろう。


船戸与一氏の小説を読んだ。この腐れ日記を見返す限りでは、前回に読んだのは文庫版の『午後の行商人』で、2003年2月のことだったのだろう。20年も前なのか。
今回読んだのは『虹の谷の五月』という作品。直木賞とやらを獲ったらしい。当時、船戸与一という人と「直木賞」という組み合わせについて、いまひとつ「ピンと来ない」と感じたことがあったような...

この物語は2003年に文庫化されていたようだ。そいつを借りた。
船戸氏は亡くなっている。既に7年前のことらしい。月日の流れるのは早い。


で『虹の谷の五月』。
例によって人が死にまくる。しかし、読後感は爽やか。
「エンディングの爽やかさ」が無かったとしたら、とてもとても救われない物語ではあるけれど。
船戸氏の小説は大体爽やかに終わる(という認識がある)ので、この物語を読んでいる最中も「せめて爽やかに終わってくれ...」って思いながら読んでた。
主人公の飼ってる軍鶏が死ぬ描写、読んでいて辛かった。ヒトが死ぬ場面よりも辛かったかも。

物語の中間地点を過ぎたあたりから、ラストシーンの「光景」だけは予想がついた。で、当たった。そこに主人公が居るだろうコトは予測がついたが、他に誰が生き残っているのかは、予想がつかなかった。


で、そのラストシーンについて。
かなり「引っかかる描写」があった。それは、「主人公(達)の視線の方向」だ。

科学的(物理学的・光学的)に釈然としない。
そっちの方向に「それ」が現れるとは、到底思えない。

で、その描写周辺などに現れる「猿喰鷲」も虚構かと思った。調べてみた。鷲は居るらしい。


視線の方向が「明らかにおかしい」のは、船戸氏の「何らかの想い」の表出なのだろうと解釈することにした。
「基本的に虚構ですよ」というメッセージなのだろうと。


過去の「『不思議な記述』を含む小説」についての日記
アフターダーク 三日月 朝 西(2007年5月)

「国葬」とやら

カテゴリ:

「諸手を挙げて」受け入れるわけでは無い。
が、その「国葬」というハナシが出たとき、「まあ、そうだよね」と私は思った。

「賛成か反対か」の二択ならば、賛成に手を挙げる。

シンゾー氏は、かなり頑張ったヒトだと思う。
「好きだったか嫌いだったか」で言えば、好きだった、のかな、多分。

「アベノミクス」とか「教育再生」とか、かなり胡散臭いところはあったが、全般的には真摯なヒトだったように見える。

小地球における遷移

カテゴリ:

ベランダの鉢植えの「なれの果て」である。
20220907.jpg

最初はハエトリソウが生えていて、それを買ってきた。300円くらいだったかなぁ...
そのうち枯れるだろうなぁ...と思っていた。実際そうなった。

ただ、職場の理科室の中では、部活動の生徒がきちんとハエトリソウを育てつつあるようだ。我が家の場合は「何か」が拙かったのだろう。

で、ハエトリソウが枯れた後は、かなりシダの仲間が蔓延った。その同定は行っていない。その時代がしばらく続いた。2年間くらいかなぁ...

その後、今年になってシソが生えてきた。この数年、シソは勝手にプランターに生えてきたりするのだ。10年近く前だと思うのだが、最初だけは「サカタのタネ」を買ったのだ。その後、きちんと育ち、花が咲き、種子が散乱し... 全然「人為的」には種を撒いていないのだが、基本的に勝手にシソは生えてくる。プランター内の土を耕したりすると、それはそれで、またシソが生えてきたりするのだ。

今年のシソは、何故か葉が小さめであった。葉の柔らかさは年々低下してきている気がする。
春になると「改めて種を撒こうかなぁ...」とか考えるだけ考えているが、結局撒かないので、昔にぶちまけられた種子が芽生えるのだった。そして、微妙に形質が変わりながらシソは世代交代を重ねているのだった。

で、今年もそこそこ大きくなったシソだったのだが、この鉢植えについては、突然地面に近い方から枯れ始めてきた。そしてどんどん勢いが無くなっていった。他のプランターなどに生えているシソは、普通に元気に育っているのであるが。
画像の真ん中あたりにある「白っぽい丸い部分」が切断したシソの茎の切り株?である。

また、シダの仲間が育ち始めていた。そして、今はハコベが育ち始めている。双葉が見えるヤツがそれだ。2つほど芽生えが見える。この画像は数日前の撮影なので、今はもっと育っている。

他のプランターでは、春先にハコベがたくさん芽生えた後、ほぼ全て枯れてしまった。そして、改めてそのプランターでは、ハコベが育ち始めている。一度ハコベが全滅したプランターであるのに。

なぜ、そのような遷移(生物用語です)が起こるのか、謎ではある。


過去の遷移に関連する日記
実験データ捏造しました(約20年前) 2006年5月

こちらのサイト(RSSリーダー経由で、いつからかずっと拝見している)にて、ドレイク博士が亡くなったことを知った。
SETI と私 | text.Baldanders.info
9月3日の時点では、日本語のニュースサイトでは、この話題は特に見当たらなかった。

ドレイクの方程式(Drake equation)を最初に知ったのは、多分今から28年前のことである。
雑誌『Newton』の1994年4月号である。ドレイクの方程式は、中学高校の授業のネタにも度々使ってる。

何で、そんなに細かく覚えているのかというと、その雑誌を保管してあるからだ。他の月のものは処分してしまった。この1冊だけ残してある。

20220905_1.jpg

20220905_2.jpg

20220905_3.jpg

SETI@home も、2年前に休止しましたが、そいつがこの世の中に与えた影響は大きいと思います。BOINC(当初は"BOINC!"だったはず)を生んだわけだし。

この『Newton』の裏表紙には「電源開発株式会社」の広告が載っていた。肖像権の侵害になりそうな気もするので、上に示した画像ではその部分を削ってある。
広告には、女子高校生(多分)と男子小学生(多分)が写ってる。大嶺美香って文字列もあったので、検索してみた。Wikipediaにその人物の項目が立ってた。そのページ内に「電源開発」という語もあった。へーぇ。
男の子の名前は分からない。
おまけの話を終わる。

つい最近、自分の子が希望したので、毎月の『Newton』購入を再開した。『日経サイエンス』と比較し、そちらの方を希望したため。私も、Newtonの方が良いだろうとは思っていたが、一応選択させてみたのだった。『子供の科学』からの乗り換えです。(私自身は『子供の科学』を、親から買って貰ったことは無かった。)


2つめ。
『虚構新聞』もずっと読んでる。「ヒッピーゼミ」も面白かったが、この記事が面白かった。
6連ブロック持ち込みで失格 テトリス世界大会予選

特に、末尾が良かったですね。

近年、対戦型ゲームはeスポーツとして認知が進んできた。だが、昨年4月に行われたインベーダーゲームの世界大会でも、体内に溜めた静電気でゲーム機のCPUに負荷を与え、意図的に想定外の挙動を起こした少年が失格処分を受けている。eスポーツ独自の違反に対処するため、今後さらなるルール整備が求められそうだ。

『ゲームセンターあらし』という語句にて、Twitterをサラッと見てみたが、誰もツッコんでいる気配が無い。だから書くよ。

「エレクトリックサンダー(画像ググリンク)」、その技は私も得意としていたっけなぁ...。

いや、嘘ですけどね。


ノーマルファミコンの前面拡張端子に圧電素子(100円ライターのやつ)からの電圧をかけることはしてました。で、意図的にファミコンをバグらせて遊んだことがあった。マリオブラザーズ(スーマリではない)だと、叩くほどに増殖する「異常な床」が現れたりして、面白かったんですよね。

最終的に、それをやり過ぎてファミコン本体を壊したことがあった。結果的に無料で修理されてきました。任天堂さんゴメンナサイ、昔の話ですけどm(_ _)m

高等学校学習指導要領(平成30年告示)より

第10節 情報
第1款 目標
 情報に関する科学的な見方・考え方を働かせ,情報技術を活用して問題の発見・解決を行う学習活動を通して,問題の発見・解決に向けて情報と情報技術を適切かつ効果的に活用し,情報社会に主体的に参画するための資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) 情報と情報技術及びこれらを活用して問題を発見・解決する方法について理解を深め技能を習得するとともに,情報社会と人との関わりについての理解を深めるようにする。
(2) 様々な事象を情報とその結び付きとして捉え,問題の発見・解決に向けて情報と情報技術を適切かつ効果的に活用する力を養う。
(3) 情報と情報技術を適切に活用するとともに,情報社会に主体的に参画する態度を養う。

この、最初に出てきやがる「情報技術を活用して問題の発見・解決を行う学習活動」、俗に言う「問題解決(学習)」、私はずっと前から嫌いなんですよね。
「齢15,6くらいの人間が、そんなコトできない」と思っているので。

というか、ニホンってクニのお役人だって、自分を含めた教員だって、そんなことは「そうそうできない」と思うのですよ。


ってコトで、ずっと引っかかっていた「問題解決」なのです。
この語句は、最近ほぼ更新されなくなった、あるいは消えてしまった「高等学校情報科担当の先生達のブログ」によく出てきてました。私の記憶では。
「すごーくやりづらいコト」だからこそ、日記に書かれるのであると解釈していました。


で、やっとこさ今年になって、
【第1回】授業実践[1]「情報社会の問題解決」:文部科学省
という研修会(?)が開かれたのでした。何年間、高等学校のヒラ教員達を放置(?)してきたのだろうか、文科省は。

演者である田﨑丈晴先生小原格先生、情報科発足当初から、都高情研(東京都高等学校情報教育研究会)などで精力的に活動なさっていた知り合いです。
特に小原先生は、ほとんど毎年「授業の見学に来てください」って、都高情研にお知らせを出していらっしゃった。でも、結局私は一度も訪れたことがなかったのでした。町田は遠いし(それ以前の小原先生の勤め先は忘れてしまった...)、基本的に私は理科がメインだし、って言い訳をして。


で、今回の文科省からの「お知らせ」が職場に届いたので、その「記録動画」を見てみました、この間。

小原先生はやはり、真面目で偉いなぁって思いました。私が偉そうに言うのも何だけど。
田﨑先生は年々、徐々に質量が大きくなっていそうな感じです。

小原先生や田﨑先生の苦労は分かるんだけど、やっぱり「問題解決」なんて、情報科の目標に置かなくたって問題ないと思うんですよね。情報の「何たるか」や、それに対して注意すべきコト、「コンピューターの便利さとその限界」などを、きちんと高校生に伝えるだけで良いような気がしちゃうんですよねぇ...。


過去の「解決しているとは思えない問題」に関連する日記
普通教科「情報」不要論(2007年3月)
消えゆく教科「情報」(2007年7月)
「殺すな、盗むな、うそを言うな」とさ。(2007年12月)
改めて文科省を貶す(2009年11月)
「まず高校の「情報」の授業を忘れよう」って、何よ(2015年9月)
「学習指導要領案」は総花的で先送りだらけ。問題解決しようとしてないだろ、お前ら。(2016年8月)
迷走文科省(2017年5月)

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。