飯塚幸三 の日記群

ゆく春や

遠くだと思っていた改元が、気がつけば7日後らしい。
老化を改めて思い知る。月日の流れる速度が速い。

飯塚幸三なる「自己保身の鑑」は今後忘れない。
私が被害者の家族だったら... (以下自己規制)


関連する日記
死刑制度と冤罪と(2008年4月)

半フェイクニュース

東京・池袋で飯塚幸三の運転する乗用車が暴走し、多数の死傷者を出した事故以降、警察機関やマスコミの及び腰な姿勢が白日の下にさらされ、上級国民への忖度が過ぎることに平民が憤っている。
運転していた飯塚幸三は「アクセルが戻らなくなった」とも説明していたようだが、近隣住民の「脚が不自由そうだった」という証言もあった。果たして、肢体が不自由な状態での車の運転が、工学を究めようとした人物の所行として許されるのだろうか。
なお飯塚幸三は、その「事故直後の手際の良さ」から某大「危機管理学部」への名誉教授就任が内定したという未確認情報も存在する。

飯塚幸三

いまいまし
いい歳こいた
づかさんの
かの勲章は
この日のためか
うそも交えて
ぞんぜぬ知らぬ
うらやましきかな好待遇


「飯塚幸三問題」を有耶無耶にしないための文書
ゆく春や
半フェイクニュース

罪に対する罰を決めるのは、法である。
何故、彼はその「土俵」にすら出てこないのか。出ずに済ませられるのか。

とりあえずは、逮捕なり起訴なりがあって良いはずだ。「普通」の罪人ならば。

北村晴男なる輩の名が記された記事を見て、彼に失望した。
日本にも失望してる。仕事しろ、検察。

ここにあるのは、過去に書かれた日記のうちで飯塚幸三カテゴリに属しているものです。

前のカテゴリは法の下の平等です。

次のカテゴリは似非科学批判です。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。