2015夏 北海道旅行記録

カテゴリ:

前回の日記に続き、2015年の夏に行った、4泊5日の北海道旅行の行程を紹介します。
あまりにも有名なところについては、説明を端折ってます。

やはり、レンタカーを使用しています。
旭川から入り、函館へ。移動距離は結構あります。初日はずっと旭川市内。最終日は函館市内です。
dounan.jpg


<1日目>
旭川空港→旭山動物園(午後ずっと)→ジンギスカン(大黒屋)

旭川市内に宿泊すると、「おもてなし券」なるチケットが購入できる。チケット購入日の午後と、翌日午前中に「旭山動物園」に入場できるのである。この券を使用した。
asahiyama.jpg
「オオカミの森」の看板が、童話『あらしのよるに』の「ガブ」にやたら似ていると思ったら、本当に作者の方が描いた看板だったことを知った。子と一緒に興奮したのだった。あの「お話」は面白い。

ジンギスカンは「大黒屋」という店に行った。とてもおいしかった。やはり、本場は違うと感じたのだった。


<2日目>
旭山動物園→美瑛の青い池→美瑛周辺→ファーム富田→旭川ラーメン→蛍鑑賞

午前中は動物園へ。その後、Macの壁紙の池へ。
aoi_ike.jpg

昼過ぎから美瑛の「アトリエジョバンニ」を訪問し、ステンドグラス作成の体験を行った。これは、子の「夏休みの宿題」となったのである。ステンドグラス作成は、私も初めてだったので、なかなか面白かった。店主の方(女性)もとても親切だった。
ファーム富田は有名なので説明は割愛する。
tomita.jpg

旭川ラーメンは、某老舗を訪れたのだが、特においしくなかった。というか、むしろ不味かった。詳細は控える。
蛍は「ほたるの里」なる場所へ出向いた。私は楽しかったが、配偶者などは暗くて怖かったと言っていた。


<3日目>
ひまわりの里→増毛でサクランボ購入→六花亭の喫茶室(百合が原店)→札幌市内観光(旧道庁・時計台・大通公園)→ジンギスカン(だるま)→大通公園ビアガーデン

ひまわりの里は、まだシーズンには早かったようだが、それなりに楽しめた。
himawari.jpg

その後は、ひたすら札幌へ向けて移動した。日本海の海岸(オロロンライン)をドライブした。7月下旬だったが、増毛町の国道沿いには、農園の直売所があり、サクランボを安価に売っていた。

大嶋農園なる看板が上がっていた。
私はこの日ほど、大量のサクランボを食べたことは無い。札幌へ向けてのドライブ中、ほぼずっと食べていた。

六花亭のカフェは東京には無いので、行ってみた。良かった。限定商品のお菓子も食べることができた。

ジンギスカン「だるま」もおいしかった。
ビアガーデンは雨天だったこともあり、少し寒かった。が、楽しんだ。


<4日目>
大倉山ジャンプ競技場→小樽市内散策→(余市→ニセコ→黒松内ICから道央自動車道)→函館市内→海鮮(海光房)→函館山夜景

大倉山にリフトで登り、札幌の街を眺め、ソフトクリームを食べた。
小樽へ移動し、買い物などを楽しむ。
アル中の私としては、余市のニッカウヰスキー工場を見学したかったのだが、運転があるから酒も飲めないし、先を急ぐので通過した。その日は天気が悪く、車内からはあまり風景を楽しむことができなかった。
夕食は適当に選んだ「海光房」なる店で食した。ここで食した「羅臼産根ホッケ」は劇的においしかった。高かったけど。私の生涯に於いて、一番美味だったホッケは函館のこのホッケだ。今年、羅臼で食べれば良かったのかなぁ...?


<5日目>
市内観光(旧函館区公会堂・教会群・函館山)→五稜郭→函館空港

今にして思うのは「ラッキーピエロ」に行くべきだったということだ。


以上、ざっと旅行ルートの紹介をしました。札幌から函館にかけては、もっとゆっくり回った方が良いのかも知れません。

2018夏 道東旅行記録

カテゴリ:

どなたかの旅行プラン立案の「たし」になるかとも思い、2018年8月上旬、5日間の道東旅行の行程を記します。
北海道の出入りに利用したのは「たんちょう釧路空港」で、レンタカーにて巡りました。
左下の釧路空港から、概ね「時計回り」にて道東を巡りました。
doto2018.jpg


<1日目>

10時前に空港到着。レンタカーを借りる。
そのまま「釧路和商市場」へ。「勝手丼」が有名らしいので、それを食する。各自、勝手に食べる。そんなに安くはない。馬鹿高いわけでも無いけれど。勝手に選べるという雰囲気が楽しい。平日の早めの時間帯に訪れたので、ゆっくりと食事ができた。

釧路湿原の展望台へ。遊歩道もあったのだが、気温も高く、その後の訪問予定地も多かったので、遊歩道へは行かなかった。この場所で「熊鈴」を買っておくべきではあった。理由は後述。
ハッカ油(道内のそこら中で売っている)は清涼感があり、虫除けにもなるとのことだった。しかし、それを子どもの顔面に(虫除けとして?)散布してしまったグループが居たようで、薄荷の香りと子どもの泣き声(2名分)に出会った。大人でも、あれが目に入ったら洒落にならない。あの後、彼らはどうしたのだろうか...。

オンネトーへ向かう。道東の湖と言えば、摩周湖・屈斜路湖・阿寒湖がトップ3だろう。で、事前に道東の情報を集めていたところ、「オンネトー」なる場所が美しいらしいことを知る。で、行ってみた。実際に美しかった。
onneto.jpg
ただ、5日間を通じ、この場所が一番虫が多かった。虫除けを使わずに車を降りた私は、アブにも少し刺されたのだった。虫が多かったのは、気温が高めであったせいもあろう。

次に向かったのは阿寒湖。
阿寒湖畔エコミュージアムセンターを見学の後、湖畔へ。
泥の温泉が湧いていた。なかなかに面白かった。

その後、摩周湖へ。辿りついたのは17時頃だったろうか。売店が店じまいを始めていた。
私が摩周湖を訪れるのは、29年ぶりであった。大学時代の徒歩旅行サークル「伸歩会」にて訪れて以来である。(なお、北海道を訪れたのは、今回で4回目)
摩周湖は摩周湖であった。前回も今回も、霧にも出会わず、綺麗さっぱり晴れていた。濃青色の湖面やそこに屹立するカムイシュ島(中島)も、記憶とは変わっていなかった。展望台は綺麗になっていた気がする。が、30年前なので、記憶は定かではない。前回は「第3展望台」に行ったような気もする。今回は「第1展望台」から湖面を眺めた。展望台ではエゾシマリスに出会った。

ezorisu1.jpg
動きが、

ezorisu2.jpg
速い。

ezorisu3.jpg
うまく写真は撮影できず。

その後、硫黄山(いおうざん)へ向かう。
火山の噴気に対して、あれほど近づける場所は、他にはよく知らない。
結果的に、駐車場への到着が18時前後だったので、駐車料金(本来は摩周湖第一展望台と硫黄山の駐車場は、駐車料金が必要とのこと。両方の駐車場が利用できて普通車は500円。)を取られることも無かった。ラッキーだったと言えよう。
iouzan.jpg

この日の宿は川湯温泉に確保した。
翌朝は「雲海」を見に行くことを考えていた。3時過ぎに起床し、峠を目指すつもりだった。一応、目覚ましを設定し、起きてはみた。しかし、屈斜路湖畔である川湯温泉もバッチリ晴れており、「雲海」は発生していなさそうなので、また寝た。


<2日目>

朝食後に最初に向かったのは砂湯。湖畔を掘ると、温泉が出てくる。
硫黄山も砂湯も、29年前、タクシーの運ちゃんが連れて行ってくれたところだ。そして、非常に印象に残っていたので、再訪したのであった。配偶者や子も、この場所は楽しかったらしい。
sunayu.jpg

美幌峠を通過する。
「熊笹ソフト」は、バッチリ草くさく、美味であった。
bihoro.jpg

その後、サロマ湖展望台へ向かう。ネット上で検索して知っていたが、途中の路は未舗装路となっていた。それなりの距離のダート路である。雨が降ってたら、行きたくない。
この場所は「29年前に登りたいと思ったが、登れなかった場所」なのだ。サロマ湖は日本第3位の広さの湖(汽水湖)である。「その全景を見たいなぁ」と思ったのだが、徒歩旅行の旅程上、そのときは展望台へ登ることはできなかった。

ここで、展望台にて配偶者が撮影した画像を披露する。

クリックすると、拡大される。画像情報を削除しただけで、縮小や加工はしていない。
ufo_on_saroma.jpg
灰色のキノコのような物体が見えることと思う。
私の予想では、iPhoneに映り込んだ「虫の類」だとは思う。しかし、"Identify"はできない。正に"UFO"である。
UFO写真を、生まれて初めて手に入れることができた。
配偶者は、この「不可思議な写真」を撮影してから、数時間「これは何だろう...」と悩んでいたそうだ。そして、私や子に「こんな写真があるのだけど...」と告白。
前後の写真には、この「未確認物体」は写っていないとのことであり、その点について、私も確認した。
謎は謎のままである。

また、この場所ではヒグマに出会いかけた。
一緒に旅行に行っていた義理の母は、展望台を先に降りて、車に向かっていた。その際、熊の後ろ姿を見たそうである。展望台側に引き返し、我々に「熊が居る」と小声で伝えてきたのだった。
結果的には、義母以外に熊を見た人物は居なかった。
しかし、その熊は我々に対して「車上荒らし」を敢行していた様子である。

こちらはテールゲート付近。
kuma1.jpg

こちらは助手席側のドア。
kuma2.jpg

熊に会わなくて良かった。
後に、熊鈴を買うことにしたのだった。

サロマ湖を後にした私たちが、次に向かったのは能取岬であった。
この場所は、よく映画のロケ地に使われるようである。特に『非誠勿擾(邦題「狙った恋の落とし方。」)』なる映画で有名となったらしい。この映画は、中国における「北海道観光ブーム」の火付け役となったと聞く。
notoro.jpg
草原が広がり、気持ちの良い場所であった。

その後、定番であろう「監獄歴史館」を見学した。2時間弱の滞在であった。
この日は網走湖畔のホテルに宿泊。


<3日目>

ホテルを出発し、北方民俗資料館とオホーツク流氷館を見学。
流氷館は予想していたよりも小さかったが、配偶者と子が言うには「ここの『流氷ソフトクリーム』が一番おいしかった」とのこと。私は食べなかったので、詳細?は不明。

網走には、そのほかにも博物館が存在していることは知っていたのだが、先を急ぐのであった。

今回旅行先を研究していて知った「天に続く道(画像ググリンク)」にも寄ってみた。
確かに、なかなか綺麗で面白い写真が撮影できた。

次いで、オシンコシンの滝へ。
それほど巨大では無いが、綺麗な滝であった。
oshinkoshin.jpg

この日の午後は、知床五湖のトレッキングに行った。
30分ほどのレクチャー(熊に出会わない方法と、出会ったときの対処法などなど)を受けた後、2時間弱をかけて「大ループ」という「地上遊歩道」を散歩してきた。
その日の午前中は「熊出現」があったため、昼過ぎまでは遊歩道が使用禁止だったとのことだった。
全体的に曇り~雨だったため、知床の山々を見ることはできなかったが、散歩中に徐々に霧が発生し始めたため、幻想的な風景を見ることができた。
ichiko1.jpg

ichiko2.jpg

宿は知床半島のウトロだった。


<4日目>

この日は、朝から「知床の観光船」に乗る予定だった。主にヒグマなどを見るために。
朝食も早めに終えたチェックアウト後、車に荷物を運んでいる途中、クルーズ会社からの「本日は欠航です」というメールに気づいたのだった。朝食前にメールは配信されていたのだった。不覚。

前の日に「登れたら登ろう」と考えていた、ウトロ海岸にある「オロンコ岩」に登る。
カモメがギャーギャー舞っていて、なかなか面白い場所だった。時間的な余裕もできてしまったので、のんびりと風景を楽しんだのだった。

この日は、基本的に長距離移動である。
予定していた「標津サーモン科学館」へ向け、知床を横断する。
途中の知床峠では、曇りがちではあるものの、国後島を見ることができた。

昼前には、サーモン科学館へ到着した。
「ドクターフィッシュ体験」「えさやり」「チョウザメ『指パク』」など、なかなか面白い水族館・科学館であった。
展望台から、改めて国後島を撮影。
kunashiri.jpg

当初は、ここから釧路を目指す予定だった。しかし、観光船がキャンセルになったため、厚岸へ向かうことに。配偶者は無類の「生牡蠣好き」なので、その希望に応えることにしたのである。

北海道的な道を進む。同乗者は皆眠っていたので、私の眠気覚ましに写真を撮ったのだ。
straight.jpg

予め調査してあった「エーウロコ」なる漁協の直売店へ向かった。
私も生牡蠣を食べた。2個だったかな? 電子レンジも設置してあり、「蒸し牡蠣」も食べられるとのこと。
牡蠣1つが100円前後から購入できるのだ。値段の詳細は忘れたが、劇的に安いのは確かだ。その時は3種類の牡蠣が販売されており、サイズも幾通りか存在していた。大きいほど値段は高い。と言っても、せいぜい200円前後だった気がするが。
自分で牡蠣をさばく?のはなかなか楽しい体験であった。その方法も、きちんとイートイン?のテーブルに記してあるので、私たちのような初心者が行っても、特に問題は無いだろう。

私はせっかくだからホヤも食べた。グラム売り(画像はそのレシート)であり、刺身への加工賃は別途50円也。
a-uroko.jpg
甘くてちょっぴり苦い、新鮮なホヤだった。そして、劇的に安価。

外にいた「ゆるキャラ」のルックスと設定に衝撃を受け、厚岸を後にした。
今後は、ゆるキャラ界での彼をチェックすることにした。
umiemon1.jpg

umiemon2.jpg

途中、セキネップなる場所に行った。すさまじい断崖だった。
sekineppu1.jpg

sekineppu2.jpg

この日は、釧路市内に宿泊。
「炉ばた」なる炉端焼きの店にも行った。高価であったが、美味であった。特にニシンとシイタケは、今まで食べたことが無いような代物であった。「価格表」が無いという点で、かなり敷居は高いのですけどね。

一応、まだ食べていなかった「ザンギ」も、「釧路 港の屋台」なる場所で食べたし、概ね「食」についての目的は達成したのであった。


<5日目>

この日は、午後のフライトで東京へ戻る。

釧路市動物園にて、まったりと過ごしたのであった。
はしゃぎ回る元気なペンギンを見たり、レッサーパンダ他への「えさやり」を体験したりした。

またいつか、知床を訪れることができたなら、是非クルーズに再挑戦したい。
言い忘れてましたが、キタキツネとエゾシカには、きちんと遭遇しました。やはりヒグマも見ておきたかった。

誤字センサーが反応

カテゴリ:

suumo.png
義兄弟と従兄弟、だいぶ違うでしょ。
最初読んだときは「何だよ、三国志か?」って思いましたね。「それはそれで渋いな」と。

こちらのサイト(suumo.jp内)からのキャプチャです。
このサイト自体は、痛いニュース経由で知りました。

筋の悪いハナシ

カテゴリ:

大阪府のこの話には呆れた。

大阪市の吉村洋文市長は2日、今年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の総合成績が昨年度に続き、政令都市の中で最下位になったことを受け、「抜本的な改革が必要だ」として、学力テストに具体的な数値目標を設定、達成状況に応じて校長、教員のボーナス(勤勉手当)や学校に配分する予算額に反映させる制度の導入を目指す考えを明らかにした。
https://www.sankei.com/west/news/180802/wst1808020098-n1.html

そのような施策には「意味が無かった」って、いろんな実験結果・調査結果が示しているではないか。とりあえず大阪市長さんは、『「学力」の経済学』だけでも読まれると良いのでは?

Change.orgにて、「(大阪市長、アホ)だよねー」って「賛同」しておいた。リンク貼ります。
キャンペーン · 大阪市長: 大阪市は「学力テストの結果の教員ボーナス・学校予算への反映」の方針を撤回してください! · Change.org

吉村洋文氏は、過去に橋下徹氏が起こした「大阪教育界の混乱」に、拍車をかけているだけの気がしてならない。


筋が悪いといえば、「サマータイム」だ。こっちも念のため「賛同」しておいた。
そもそも、盛夏の東京オリンピックってのが、どうにも質が悪い。クソ暑い日程になっちまってるのは、欧米でのテレビ放映の関係と聞いた気がするが。
森喜朗って、何で昔から「サマータイム」という「愚かなシステム」の導入に固執しているのだろうか。オリンピックの「クソ日程」に、サマータイムという「クソシステム」を盛ろうとする意味が分からない。クソの上塗りじゃないか。
もうそろそろ、現首相を中心とした自民党の面々も、森氏を放逐した方が良いのでは無かろうか?ま、いろいろなシガラミがあろうかとは思うが。

「老化してヤバい」って言えば、小泉純一郎もヤベぇな。どんどんあらぬ方向へ進んでる。小沢一郎と連んだりする分には、ニュースとしては面白い。しかし、電力関係絡みの発言は害悪でしかないように感じる。

にっき

カテゴリ:

チバニアン模式地を見に行く。
ソフトボールを地上波で見る。
貴重な一日を過ごした。

昨日は、チバニアン探訪のための「スポーツサンダル」を入手するため、上野に行ってみた。
Chacoのサンダルが欲しかったのだ。自宅には、スポーツサンダルが無かったから。

サンダルはいろいろ履きつぶしてきた。この数年間は、古典であろうBIRKENSTOCKと、Chacoを履いている。

公式サイトから「取扱店舗」を調べてみた。最初の店(セレクトショップ的オシャレ店舗)には無かった。2軒めのお店(FIT TWO)にて、多数のChacoを発見した。そして、その店では28cm(M10)のサンダルばかり、セールで安く売っていた。私が買ったあとも、まだ5足程度は残っていたはず。
おおよそ、2割5分引きだった。ラッキーだった。

足がデカくて、上野周辺に住んでいて、スポーツサンダルが欲しい方は、さっさと行くことをお勧めする。もう、売り切れているかもしれないけど。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。