気合いを入れて紅茶を飲む

カテゴリ:

時々、茶を飲むことによって「ハイ」になることがある。
それと前後して、胃周辺の違和感を感じることもある。

「まぁ、カフェインの影響なんだろうな」と感じてはいた。改めて調べてみた。
知恵ぶくらーも推奨していたWikipediaを見てみた。Wikipediaには寄付したこと無いです、スミマセン。

「Wikipediaへの寄付」に関連して、面白い記事を見つけた。ちゃんと3年分読んでみた。
【大奮発】Wikipedia(ウィキペディア)に1000円を寄付したら「意識高い系の感謝メール」が来た / 寄付のお願いメールに3年連続で対応した話 | ロケットニュース24

で、2019/9/10現在のWikipedia「カフェイン中毒」を引用いたします m(_ _)m

カフェイン中毒 - Wikipedia

精神症状
落ち着きがなくなる、緊張感、感覚過敏、多弁、不安、焦燥感、気分高揚、一時的な不眠症を生じる。重症になると、精神錯乱、妄想、幻覚、幻聴、パニック発作、取り乱す、衝動性などが現れ、酷いと自殺行為に及ぶ場合まである。神経質な人やうつ病、不安障害、パニック障害などを患っている人は重症化しやすく、症状の悪化をきたしやすい。

身体症状
胃痛、胸痛、吐き気、嘔吐などの消化器症状、心拍数の増加(時に不整脈)、心筋収縮の促進、心室細動、血流増大、動悸、呼吸が速くなる、頻尿など、循環器の症状のほか、一時的な筋骨格の持久力増進、振戦、むずむず感を生じる。重症化すると、足がつるなどの痙攣を起こし、歩行が困難になる。また、瞳孔拡大や顔が赤くなったり、頭痛を引き起こす。

私は軽く「感覚過敏」や「気分高揚」「焦燥感」を感じるコトがありますね。また、軽い吐き気や頭痛を感じることもある。
その現象を引き起こすのは、ほとんどの場合、職場の同僚に貰った「カナダ土産のアールグレイの紅茶(スリランカ産)」なのである。この夏、ペットボトルの緑茶を飲んで、珍しく「同じ症状」に陥ったけど。

そんなわけで、この紅茶だけは「何となく飲む」ことができないのだ。気合いを入れて飲む必要がある。
本日も、微妙に中毒症状が起きたようだ。気合いだけでは如何ともしがたい様子。

お茶としては、美味しいのですけどね。
まぁ、単純に「一度に入れる茶葉の量」を減らせば良いのかも知れない。しかし、何となく豪勢に葉っぱを使いたくなってしまうのだ。そして気分を悪くしたりする。

気がつけば、そのような作品に連続して触れていた。

自分の子は、アニメの『しろくまカフェ』が好きらしい。私も面白いとは思う。公式サイトもあるのだけど、当時の世相?を反映してなのか、Flashを多用しているかなんかで、Windows上のedgeやChromeではきちんと開けない。で、リンクを貼らない。

面白さ、というか世界の深さという点では、玖保キリコ氏の『バケツでごはん』の方が上だと思うので、実家から単行本を持ってきた。勤め人としての初期の給料で購入したもののはずだ。1993年から1996年にかけて、『ビックコミックスピリッツ』に連載されていたとのこと。その頃は、毎週スピリッツは買っていたはず。

で、自分でも改めて単行本8冊を一通り読んでみた。やはり面白い作品であった。子も貪るように読んでいた。
電子書籍へのリンクを貼ってみる。私は買ったこと無いけど、電子書籍。


で、「書名は知っているし、当時話題になったけど、読んだこと無かった、が、子の希望により図書館で借りた」本2冊も、「表題のような条件」を満たしているのである。

山田詠美氏の『僕は勉強ができない』と、梨木香歩氏の『西の魔女が死んだ』である。
前者は2015年に文藝春秋から出た「文庫」を、後者は2017年に発行された「新装本」を借りて読んだ。
いずれも著者のコメントとして「四半世紀前に云々」と書いてあった。

どちらも、それぞれに面白かった。
良いものは、多少時間が経ったって、良い。

杉並区、パネェ

カテゴリ:

私の勤務先は杉並区にある。居住地は都内の別の区。
それぞれの人口は、杉並区が56万人前後、私の居住区はその4割弱。

で、私は両方の「図書館利用証」を持っている。
時々、ネット上などで面白そうな本を見つけると、とりあえず図書館の蔵書検索をしてみる。

今朝見たニュースはこれだ。

芥川賞作家・羽田圭介さんが「投資と資産運用」で成功できた意外な理由

羽田さんオススメの1冊は?
 10年近く投資を行ってきた羽田さんにも「今でも読み返すたびに新たな発見がある」本があるという。それがジェレミー・シーゲル著『株式投資の未来』(日経BP社)だ。

「シーゲルは著名なインデックス投資の研究者。この本は米国株投資家のバイブルと言われ、世界的なベストセラーにもなりました。

羽田圭介って方は、ちょっとブッ飛んでる感じがする。著書は読んだこと無いが、テレビを見て気になっていたお方だ。
で、上記記事を見たので、その「お勧め本」を読んでみる気になったのだ。杉並区で検索。
20190828.png
で、本日の8時50分時点で「予約数」が15である。10分くらい前、その数は14だった。

私は、居住区の図書館に予約をしてみた。そちらは「貸し出し中」ではあるものの、予約者の1番目になれた。

この『株式投資の未来』についての記事は、今朝の5:30にリリースされたっぽい。ほんの3時間程度で、杉並区においては十数件の「貸し出し予約」が集まるのだ。

私の居住区と杉並区、人口は杉並区が2.5倍程度多いのだが、私が「ネット上で気になった書籍」は、大概居住区の方が簡単に借りられる。
住民の「情報収集意欲の高さ」が、数字として如実に表れている気がする。

「コスモ星丸」つれづれ

カテゴリ:

コスモ星丸は、このサイトで久々に思い出した。
素晴らしい記事だった。既に2年以上経過していたのね。
32年間眠りつづけた「コスモ星丸」を発掘した :: デイリーポータルZ

どうも、ライターの方は同業者らしい。ってか、まぁ、間違いなく同業者なのだけど。
まさゆき研究所

「加藤氏の記事が好きなんだけど、最近はDPZの記事が減っているなぁ...」って感じていたら、毎日小学生新聞(吾子が愛読)に彼を見たのだった。3年くらい前だっただろうか。

その後、確かにこんな記述がDPZに出てた。ウケた。

加藤さんの担当編集である編集部安藤さんが「忙しくなったので月1にしてください!と言っていたのに、段々と書かなくなって、気がついたら新聞で連載を持っていて悲しくなった」と言っていたのは、ここだけの話にしてください。

これがオカルトのカードダスだ :: デイリーポータルZ より


ここだけの話にせずにおいてみた。
私は、ライター江ノ島茂道氏のファンでもある。加藤正行氏のファンでもあるけどね。


で、とうとう機会があったので、つくばエキスポセンターを初訪問してみたのだ。
「コスモ星丸萌え~」であった。


つくば科学万博は1985年のイベントだったようだ。私は中3だった。既に東京(城北地区)に住んでた。
中学の友人をそそのかし、深夜から自転車でつくば市にサイクリングしたこともあった。というか、その印象が鮮烈に残っている。朝に万博会場に着き、万博を満喫してから、東京へ自転車で戻ったのだ。夏休みだったはず。
当時、自分と周囲の友人達は、自転車とラジコンカーに凝っていた。

ちなみに、自転車旅については、中3の春に同じく日帰り(深夜発、夕刻帰宅)で神奈川県の城ヶ島まで行ったり、高1の夏(それぞれ、既に別の高校などに通ってた)に1泊のテント泊を兼ねて千葉の鋸山まで行ったりした。鋸山に行った時は、神奈川県は久里浜からフェリーに乗って千葉県の金谷に行き、そこから館山まで行くつもりだった。途中で皆で挫折したのである。それでも、かなり長距離ですけどね。
あれ以来、鋸山のメンバー4人では会っていないなぁ...。テントが狭かったっけなぁ。花火もしたなぁ...。

話が逸れた。

で、つくばエキスポセンターに、初めて行ってみたのだ。
体験型の自然科学に関わる展示が多く、吾子は楽しんだ様子である。私も楽しんだ。
で、なつかしついでに、コスモ星丸グッズを買ってきたのだ。クリアファイル。

20190824.jpg
かわいい。大事に使おう。

勤務校の同僚に伝えるついでに、こちらにも披露しておきます。

勤務先には「電子黒板」が常備されていますので、理科関係の動画を簡単に見せられます。
数年前までは静止画(教科書や板書)と口頭説明で「頑張っていた」ことについても、動画を用いることで「簡単」に伝達することが可能になりました。授業の眠気覚まし(アクセント)にもなりますしね。

必要であれば、この「再生リスト」のアドレス自体を、生徒に教えてやっても良いのかも知れません。私はやったことないし、やる必要が生じるとも思いませんが。
生徒に見せたい動画については、メールなどを用い、そのアドレスを個別に伝えることはあります。「再生リスト」を提示する必要は感じたことがない、ということです。

で、私のプレイリストです。
https://www.youtube.com/channel/UCIKJ6kzbH_yXQqa80mVHacA/playlists

その作成方法については、こちらの「公式ヘルプ」をご覧いただくと良いのだろうと思います。
再生リストの作成と管理 - パソコン - YouTube ヘルプ


また、つまらぬものを斬ってしまった真面目なことを書いてしまった...。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。