AccessAnalyzerの思い出

カテゴリ:

日本学術会議のニュースを見ていて、表題のサービスを思い出した。

研究者についての"h-index"、今日初めて、その定義を知った。その値は「デカい方が良い」ということだけは知っていた。
自然科学と人文科学で、そのindexを比較するのは、全く意味がないとは思いますけどね。Twitterなどで話題になっているようですけど。

物理学のノーベル賞を取るヒトと、普通の人文科学系研究者、比較すること自体が「非科学的」でしょうに。


で、自分の論文について記す。
大学の卒論は、以下の場所に置いてある。自分では力作だと思ってる。
https://ariori.com/sotsuron_2001/

その概要のpdfは、こちらに。
「蒸留水および水道水-岩石系における元素の溶出」概要(pdf:1.72MB)


で、表題の件などについて。
私の卒論(htmlの方)は、宇都宮大学の先生のパソコンに保存されていたことを知っている。そのお方が誰だったのかは、知らない。
何故、その事実を知ったのかと言うと、AccessAnalyzerに時々情報が飛んできていたからだ。


AccessAnalyzerは、XREAが提供していたサービスだ。無料のアクセス解析サービスだった。今はそのサービスは無い。

XREAはレンタルサーバーをやっていたが、後に「高機能版」であるCORESERVERも開始する。私は現在、CORESERVERにお世話になっている。AccessAnalyzerの世話になった期間と、CORESERVERの世話になった期間は、全く被っていない。


で、十数年昔、自分のWebサイトから、XREA謹製「スクリプト」を撤去した後も、時々アクセス報告が届いていたのである。

どうも、ローカル(のHDD)に保存された「私の論文(html)」が開かれる度、「アクセスがあった」ことになっていたようだ。
まぁ、多分「その筋(自然科学関係)の方」だったのだろう。


特に私の論文が「引用された」という痕跡は発見していない。
が、大学教授の「何かの参考」になったであろうコト、すこし嬉しく思ってもいる。


(既に今日は氷室京介氏についての日記を書いたため、明日(8日)付の文書として公開する。1日に1つしか、日記を記せない設定にしてあるため。)

氷室京介氏、還暦

カテゴリ:

10月7日が60歳の誕生日らしいです。
おめでとうございます。

昔の曲を幾つか、Youtubeでボーッと聴いていました。氷室京介氏の"MOON"も聞いて(見て)ました。彼の楽曲の中では、最も好きな歌です。そこにあったコメント見てて、30年後に始めて知りました。天安門事件に際して作られた歌だと。

ちょっと検索してみたら、確かに本人がそう仰ってる動画もありました。

「普遍的な歌を」という思いで、松井五郎氏に作詞を依頼したとのこと。作詞が松井五郎氏だったということも、初めて知りました。
松井五郎氏は、安全地帯などに詞を提供していることは知っていました。
氷室京介氏のCDもいくつか持っていて、実家に置きっぱなしになっています。そのブックレット、私はあまり読んでいなかったのでしょう。

で、氷室京介氏のWikipediaを読んでいて、誕生日、というか還暦であらせられること、先程知ったのです。
ちょっとした運命を勝手に感じたので、日記にしてみました。


過去の関連する日記
1Q8Q(2009年6月)

今日、初めて「英検」の監督をした。
このマークシートのデザインはいただけない。
20201002.jpg

私がデザインするならば、「生年月日」と「年齢」を答えさせることはしない。
百歩譲って、check digit(にすら、ならないと思うけど)として答えさせる必要があるとするならば、「生年月日」と「年齢」を記す欄の間に、「隙間」を入れるだろう。

私を含めた普通の人間は、「生年月日」という語句に加えて「8つの空欄」を認識したならば、「西暦+月+日」を記すはずだ。

で、監督者は「生年月日の間違いが多いから、気をつけて記入しろ」と言わねばならないらしい。まあ、私も言ったさ。
しかし、英検協会が「マークシートや個人情報管理をしっかりデザインしていない」から、そのような事態に陥るのだと思いますよ。

データの管理方法を含めて、情報管理のデザインを修正した方が良いと思いますね。


過去の「デザイン」に対する苦言
「まず高校の「情報」の授業を忘れよう」って、何よ(2015年9月)
「学習指導要領案」は総花的で先送りだらけ。問題解決しようとしてないだろ、お前ら。(2016年8月)
「高校生のための学びの基礎診断」スか。笑えるわ。(2017年7月)
主権者教育は義務教育でやれ(2017年11月)

この夏、初めて「荻窪中華そば春木屋」に行った。
四半世紀、阿佐ヶ谷・荻窪周辺に生息しているわけだが、春木屋には行ったことが無かった。

以前の同僚の「すごく食べる人」から、「荻窪でラーメンならば、やはり春木屋だろう」とも聞いていた。それも10年近く前かも知れない。
25年も荻窪周辺に居るのに、春木屋には入ったことが無かった。大体行列ができてるし、そこに並ぶのも面倒くさいので。

コロナ禍の中、旅行に出ることもできない夏だった。
夏期休業中ではあるが、仕事のために出勤することがあった。その「息抜き」として訪れたのである。小旅行のつもりで。
平日の開店直後を狙って行った。普段の平日は、職場を出ることができない。

一応、ワンタン麺を食べてみた。ワンタンの中にはニンニクが入っているようだった。
美味なのは確かであるが、食べログその他のコメントの通りであると感じた。安くは無いということだ。
また行くかと言われれば、特に行かないかなぁ...。
ラーメン二郎(荻窪店)の方が、行く可能性が高そう。そっちも2回くらいしか行ったこと無いけど。
また、RAMEN CiQUE(ラーメン チキュウ)の塩ラーメンも美味しい。やはり数年前に行ったきりだけど。

とりあえず、ずっと引っかかっていたコトを一つ片付けられたので、良かった。


同じく夏期休業中、阿佐谷ホープ軒にも久々に行ってみた。
店員さん、というか女将は、私が知る限りずっと変わっていない。その「お姿」もあまり変わらない気がする。あのお方は何歳なのだろうか...。
こっちとしては、女将は「知っている人」である。知っているが故に「(麺を)固めで」という依頼をしづらい気がする。そういうこと、無いっすかねぇ?

あの微妙に軟らかい麺は、多分「女将的にベスト」なのであろう。20年以上、そのお姿を拝見しているために、こっちが勝手に「知り合い」みたいな感覚を持ってしまっている。そして「麺固め」という一言を遠慮してしまうのだ、何となくね。
何度かは「固め」をお願いしたことあるけど、今回は言えなかったのである。
固ゆでの味玉も好きだ。
昼だったので、ニンニクなどは投入しないで食べた。職場に来客があるかも知れないし。

阿佐ヶ谷・荻窪周辺のラーメン店だと、やはり一番好きなのはホープ軒かなぁ...。

自作機の部品の記録2020

カテゴリ:

2000年12月購入
キーボード: 富士通 / FKB8724

2004年4月購入
ディスプレイ: EIZO / FlexScan L550

2008年1月購入
CPU: Intel / Core 2 Duo E8200
CPUクーラー: リテール品

2010年9月購入
マザーボード: ASUS / P5KPL/EPU (BIOS0403)
メモリ: CFD ELIXIR / W2U800CQ-2GL5J(PC2-6400(DDR2-800)) 4GB
ビデオカード: 玄人志向 / GF9800GT-E512HD/GE

2012年9月購入
サウンドカード: ONKYO / SE-200PCI LTD

2015年11月購入
リムーバブルケース: Owltech / OWL-IE5CB

2016年12月購入
電源: Antec / NeoECO Classic NE550C

2017年10月購入
ケース: Cooler Master / Elite361

2018年12月購入
SSD(起動ドライブ): SanDisk / SDSSDH3-500G-J25(500GB)

2020年9月購入
HDD(データ保存ドライブ): Western Digital / WD60EZAZ-RT (6TB SMR 256MB 5400RPMClass)
USB3.0増設カード: AREA / OverFenderRV SD-PEU3V-2E2IL3


2008年1月に購入したHGST製500GBのHDD、最初はWindowsVistaをインストールし、起動ドライブに使っていた。
マザーボードを更新した2010年以降、そのHDDはバックアップに用いていた。上記の「リムーバブルケース」や、更にその「先代」のケース等を用いて。
で、そいつが突然絶命した。典型的な「カコーン、カコーン」という音を発して。
家族(配偶者と娘)も「なんだその音は?」と尋ねてきた。「ハードディスクが壊れたのだ」と伝えたのだった。
そうそう「HDDが死んだときの音」というものは、聞けるものではない。何度か体験する(私のように)か、今回のように「これが壊れたHDDの発する音だ」と教えられなければ、認識できないものだろう。ってコトで、彼らのパソコン偏差値は0.05程度上がったハズ。ま、彼らが機械的なHDDを用いたパソコンをバリバリ使うこと、今後は無いのだろうとも思うのだけど。

で、6TBを使いきるはずも無いのだけれど、価格.comで「ハードディスク・HDD(3.5インチ) 注目ランキング」が1位だった製品をポチったのである。
Amazonで買おうかと思っていたが、価格の安さが気になり、ドスパラのサイトを覗いてみた。ドスパラの悪評は時々目にするのであるが、私は「パーツ購入」に於いては、度々利用している。特に今まで困ったことは無いので。
で、支払いに"Amazon Pay"が使えた。\10,943也。Amazon直販(?)より安かった。ありがたいシステムである。

なお、2010年に購入した、やはりHGST製1TBのHDD、今まではデータ用のドライブとして、ケースに入れて用いていたが、そいつをバックアップ用途に回すことにした。


で、ケースを開けていて、というか以前から分かっていたのだが、ケースのフロントパネルのUSB3.0端子がずっと「持ち腐れ」になっていたのだ。
何となく、そいつを有効にしようと考えたのだった。
特別定額給付金の半分以上は、配偶者の"iPhone 11 Pro Max"となってしまっている我が家である。ま、彼女もそれ以前は"iPhone 6 Plus"を使い続けてきていたので、「浪費」というワケでもないけど。
私も負けていられないので、更に\1,982ほど使うことにしたのである。負けてるか。

USB3.0端子に接続したlightningケーブル経由で、iPhone(私は6sを使い続けてる)を繋いでみた。
気のせいかも知れないが、データの転送が速かったように感じた。ネット上の情報を少し漁ってみると、lightningという規格は、「USB2.0相当」らしい。この「自作機」に、一応USB2.0のフロントポートは存在している。
が、マザーボード、つまりはUSBコントローラーも「リアル10年選手」ではある。

USBのコントローラー(VLI805って型番らしい)が「USB3.0対応」となったため、データ転送速度が上がったのかなぁ...、と解釈することにした。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。