自動改札に定期その他を叩きつけるヒト、未だに見る。
あれは絶滅しないのだろうか?
自動改札の機械にも、カード自体にも、スマホにとっても、良いこと無いと思うのだけど。

ググってみたら、同じことを考えていらっしゃる方は、たくさんいらっしゃった。昔からね。

で、この間たまたま見ていた以下の番組にて、「自動改札によるsuica(なのかな?)読み取り」のテスト風景が放映されていた。
大縄飛びみたいに「ぐるぐる回」りながら、複数人数で次々と改札を通過するテストをしていた。

「世界が驚いたニッポン! スゴ~イデスネ!!視察団」の9月15日の回であったようだ。

その中に出てくる人々は、私と同じような方法で、「ICカードのタッチ」をしていたように記憶している。

カード自体を剥き出しで右手に持ち、親指をカードの上側に、人差し指以下をカードの下側にし、人差し指周辺を「タッチさせるべき場所」に触れさせるのだ。
カード自体は「タッチさせるべき場所」に当てたりしない。
こんな感じ。
suica.png
と、絵まで描いてみたのだったが、さっき自分を観察したら、suicaは「人差し指と中指」で挟んでた。また、自動改札に触れてるのは中指だった。
ま、内容の大筋は変わらないので、気が向いたら図を差し替えるかも知れません。

あの「非接触系ICカード」は「磁界の中で適切な距離だけ移動させる」ことにより、読み書きが行われる。それは、suicaが登場した当初、技術解説のページをいくつか見ていて知った。「電磁誘導」自体は、中学校の理科にて学習する内容である。
んなわけで、私は「指は改札に軽く触れる」が、「カード自体はタッチさせる」ことはない。別に表面同士を接触させる必要性は無いのだ。

父はFunky Monkey Baby

カテゴリ:

以前から、薄々「私の父はファンキーだなー」とは思っていた。
今回、改めて思った。

funkyfather.png

"39"って... orz

クラス担任による「黒板の侵略」

カテゴリ:

これは「教員あるある」だと思う。

私はホームルーム担任をしているとき、「本当に必要を感じたとき」だけ、教室のメインの黒板に「担任からのメッセージ」を記すことはあった。その場合は「黒板の左端に縦書き」にしていた。そこが「一番邪魔にならない」と思うから。
黒板右端に「本日の日付・曜日」とか「当番の名前」を記すことは、ずっとやっていた。

私が今日訪れた教室は、以下のようになっていた。
2018_2-7.png

メッセージが邪魔だった。
サブ黒板は、教室の左前と右横にもあるのだ。とりあえず、余白(というか、余黒)があった教室左前の黒板に、その「メッセージ」を記せば良いではないか。それで、問題は起こらないはずだ。

で、この意見「担任メッセージが邪魔」に同意する教員がいるのかどうか、複数名の「同じクラスを担当している教員」に聞いてみた。聞いている途中で気づいた。国語科の教員は、左上をあまり使わないのだ。また、英語科のある教員は「黒板の左端は光って見えづらいから、あまり使わない」とのこと。ごもっとも。

私は天気の良い日は、教室の前側のカーテンを閉めるようにする。英語科の先生と同じ理由である。でも、左上からきっちりと黒板を使っていく。特にこの数年は、本校もご多分に漏れず「電子黒板」が導入されていたりする。
で、黒板上にプロジェクターが設置されており、右側5分の2くらいに「マグネットの白いスクリーン(72インチ)」を貼り付けている場合が多い。

だからこそ、なおさら、黒板の黒い部分は広く使いたいのである。

私の主観だが、「黒板侵略」は保健体育科に多い。今日の話も保健体育科の教員のクラスだ。過去最悪の「黒板侵略」は、やはり別の保健体育科教員だった。
また逆に、侵略してこないのは、数学科の教員に多い気がする。現在同学年担当の数学科教員には、「メインの黒板には、日付を含め、自分は何も記さない」というポリシーをお持ちの方も居る。以前、ご本人から聞いた。

はっきり言って、あの「黒板の侵略」はムカつくのである。
ま、ご本人にも後で伝えるつもりだが、とりあえず面白い話題である気がするし、他の「教員ブログ」でも見たこと無い話題なので、記してみました、とさ。

新手のSPAM

カテゴリ:

「パスワードが記してあるSPAM」の現物を見る機会があった。
これと似たようなヤツですな。



自分自身には届いていない。職場のとある人物に届いたようだ。

私自身が「やられた」パスワード流出と言えば、Edmodoの一件がある。
Firefox Monitorを使うまで、そのことを忘れていた。Firefox Monitorについては、この記事が分かりやすいかな。

当時、Edmodoにログインすると「盗まれたっぽいから、パスワード変えてね」みたいなメッセージが出ていたので、それに従ったことがあった。まあ基本的に、今は(というか、その当時から)Edmodoはほとんど使ってないので、どうでもよい話ではある。

で「パスワードの漏洩」みたいな現象って、個人がどう頑張っても「確かめきれない」面がある。何か気になることがあったならば、パスワードを変更するのが良いのであろうが、頻繁にそんなことを行うのも大変だ。

で、不安を感じてしまうヒトは、どんどん不安が募っていくこともあろう。
また、逆にそういった不安について考えることを放棄し、「セキュリティーについて考えないことにする」というヒトも居るように思う。

そこそこ、パソコン等に詳しい(つもりの)私であっても、時に疑心暗鬼にとらわれることがある。
パソコンで出てくるメッセージやダイアログが、みな「知らない悪人に由来するもの」であるような気がすることがある。ましてや「自分はパソコンに疎くて不安だ」という方で、かつ繊細な方だったりすると、それこそ「全てが不安」という状況になることもあるだろう。

そして逆に、セキュリティーについての努力を放棄するヒトも居る。パスワードを目に見えるところに貼り付けるのは老人に多い。インターネットバンキングの暗号表(MUFGのヤツ)を、職場の机の上に明示してるヒトも居た。さすがに、それは周りの皆で止めさせた。

私はそのような「パスワード明示物件」を発見するたびに、「なにをしてくれるんですか」と糾弾してきた。お仕事の立場上。実際は、私なりにマイルドに伝えているつもりですけど。
さすがに、最近はそういう「物件」はほぼ無くなった。ま、そういうことをする「他人の言うことをあまり聞かない、セキュリティーに関心を持たない年上の人物」が、定年で退職してしまっただけとも言えるが。


理科の授業中に(関係ない話題ではあったが)、パスワード使い回しの危険性と、フィッシングサイトというものが存在することを伝えた。パスワードについては「分かってはいるが、使い回してしまう」と正直に言っていた生徒もいた。「それはとても危ないよ」と改めて伝えたのであった。また、フィッシングサイトについては、知らない生徒もそこそこ居たようで、「えー、怖ーい」などと言っていた。

確かに、18歳を過ぎないと「お金が絡む契約」はほとんどできない。そのため、未だ「フィッシングの危険」に出会わずに済んでいる面があるのかも知れない。フィッシングサイトの設置主としても、獲物が貧乏では、あまり努力(?)の意味が無いであろう。

『君の名は。』ツッコミ

カテゴリ:

「少し理科に詳しいモノ」として、『君の名は。』についてのツッコミをまとめました。
pdfへ(604KB)
(2018/09/28追記:都合、3.5回程度見直し、最終版をアップロードしました。)

高校3年の地学基礎の授業にて、成り行き上「DVDを見ようよ」という話になってます。明日の話。
普段は1時間の授業が、2時間連続になることが分かったので。また、確かに「センター過去問」を2時間延々と解き続けるのは、私でも大変だろうと思ったからです。いや、必要ならばやりますけどね、私は。

現在担当している高3の生徒7名には、数ヶ月前(地上波放映後)に「私は『君の名は。』のここが許せない!」ということを、語ったことがありました。そのことを、彼らは覚えていたようです。

ただDVDを見るだけではつまらない(というか、授業としていかがなものか、と、さすがの自分も感じたりする)ので、私のツッコミを1枚の紙にまとめました。それが上に置いたpdf。この印刷物を配布し、生徒とDVD鑑賞をする予定です。

なお、『君の名は。』については、東京の地理に詳しい人とか、鉄分の多い人からは、それぞれ視点の違うツッコミがあるようです。ご参考まで。

私自身は、地理的なことについては、「あー、新宿から代々木、千駄ヶ谷、四ツ谷あたりの場面が多いよね」で済ませています。

なお、「と学会」の山本弘氏などがツッコむ前は、もっと酷い「彗星の軌道」だったようです。このあたりに詳しく書いてあります。
【朗報】『君の名は。』、SFオタからツッコまれまくった致命的な彗星描写ミスがBD・DVDで無事修正される! : オレ的ゲーム速報@刃

が、山本氏は「と学会」を抜けていたのですね。今知りました。


過去の関連する日記
「君の名は。」見て(2018年1月)

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。