氷室京介氏、還暦

10月7日が60歳の誕生日らしいです。
おめでとうございます。

昔の曲を幾つか、Youtubeでボーッと聴いていました。氷室京介氏の"MOON"も聞いて(見て)ました。彼の楽曲の中では、最も好きな歌です。そこにあったコメント見てて、30年後に始めて知りました。天安門事件に際して作られた歌だと。

ちょっと検索してみたら、確かに本人がそう仰ってる動画もありました。

「普遍的な歌を」という思いで、松井五郎氏に作詞を依頼したとのこと。作詞が松井五郎氏だったということも、初めて知りました。
松井五郎氏は、安全地帯などに詞を提供していることは知っていました。
氷室京介氏のCDもいくつか持っていて、実家に置きっぱなしになっています。そのブックレット、私はあまり読んでいなかったのでしょう。

で、氷室京介氏のWikipediaを読んでいて、誕生日、というか還暦であらせられること、先程知ったのです。
ちょっとした運命を勝手に感じたので、日記にしてみました。


過去の関連する日記
1Q8Q(2009年6月)

ここにあるのは2020年10月 7日 00:22の日記です。

ひとつ前の日記は「英語検定協会は、とりあえずマークシート用紙のデザインを見直せ」です。

次の日記は「AccessAnalyzerの思い出」です。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。