花とゴキブリ

キンモクセイが香りだした。確かに、平年よりは遅い気がする。
靴の中のゴキブリを生きたまま奥へ押し込めた。気分のいいものではない。

ここにあるのは、Masakiが1999年10月11日 21:00に書いた日記です。

ひとつ前の日記は「クリーニング代の妥当性について」です。

次の日記は「地球さまの不在と女子大生の狂言」です。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。