少し反省

メカブは大丈夫だった。あれ以来、シメサバは買っていない。手を伸ばしたことはあるが。

本日、職場の季節行事である「職員検診」の結果が帰ってきた。尿酸値は年毎に、着々と上昇している。とうとう「9.3」だそうだ。やばいんじゃないかと思わないことも無い。そんなわけで忠告「タンパク質と野菜を多めに摂るように」に従い、「パストラミ(何語?)ビーフ」と「キュウリ・ダイコンおろし・ワカメの酢の物」を食っているのだった。まあ、キュウリもダイコンもハムも、在庫処分という意味がありますが。ハムは賞味期限を8日越えており、キュウリは確か1週間ほど前に買ったものを放りっぱなしだったし、ダイコンは下手すると3週間近く前に買ったものであるような気がする。
料理(というほどでもないが)をつくっていると、食欲が失せてくるような気がするのは何故なのだろうか。

「7月24日までに書いておけ」といわれた「調査書」の原稿、未だ半分しか終わっていない。

ここにあるのは、Masakiが1999年7月30日 21:00に書いた日記です。

ひとつ前の日記は「厄日」です。

次の日記は「食中毒?対策」です。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。