厄日

今日は初っ端から、大変な一日である。「一日であった」と書かないのは、これから何かあるかも知れないからだ。

3時頃、夢の中でも吐き気を催していた。2時頃にも気分が悪くて目が覚めたのだが、水を飲んでごまかして寝た後なのだった。目を覚まし「しゃーねーな」と思い「おえっ」と吐いた。
前の晩はシメサバと(ワカメの)メカブを食べたのだった、もちろんつまみとして。サバに当たった可能性が高いのかも知れない。が、メカブが汚染されていたとしたら、困る。未だ、半分くらい残っているのだ。その後はそれなりに寝た。
起きて朝ご飯を食べ終え歯を磨いていたところ、手にしていた陶器製のカップが滑った。「やべっ」と思い手を伸ばしたところ、一瞬前に割れたカップの縁に、左手の人差し指を突っ込んでしまった。ちょっと流血沙汰。
幸いながら、本日のうちに試験の採点は終了した。明日までかかるセンセイもいることだろう。明日は答案返却日だけど。

ここにあるのは、Masakiが1999年7月12日 21:00に書いた日記です。

ひとつ前の日記は「「省エネ」考」です。

次の日記は「少し反省」です。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。