2022年1月6日、車で移動する必要があった。午後から夜にかけて、南関東はかなり雪が降った。
車はノーマルタイヤで、(常に)チェーンを積んでいる。


首都高の出入口、「長い急斜面」として私が認識しているのは、小菅と王子北である。どちらも中央環状線の「高い方」に繋がっている。
改めて地図を見てみた。小菅は外回りの入口、王子北は内回りの出口だった。

で、その(南関東としては)大雪の日の午後、東北道の上り線から自宅へ向かっていた。通常、首都高は扇大橋で降りるのである。直前のジャンクションは江北JCTである。そこを直進するつもりだった。時刻は15:30少し前だったはず。雪がそこそこ強めに降っていた。
すると、江北JCT直前の電光掲示板に「扇大橋出口閉鎖中」(だったはず)という文字列を見る。

急遽、右車線へ移動し、江北JCTを右方向へ。中央環状線内回り、池袋・新宿方面へ向かう。
中央環状線外回りをそのまま進み、「扇大橋」の次の出口である「千住新橋」へ向かうよりも、中央環状線の「王子北」の方が楽に帰宅できるからだ。
20220108.png
赤い矢印が「予定していたルート」・青い矢印が「変更後のルート」

王子北のランプの斜面は吹きさらしになっていて、やたらと長い。その斜面にはカーブは存在しない。
試しにブレーキを強めに踏んでみた。微妙に路面が凍り付いていたのだろう、簡単に滑った。ハンドルも微妙に取られた。ABS(Anti-lock Braking System)の動作を確認することができた。「ゴゴゴゴゴッ」って。ABSは素晴らしい技術ですね。

扇大橋でも、路面が凍り付いていて、追突事故が起きたのだろうと理解した。


今朝方(8日の午前)に知って驚いた。あの晩は最悪で10時間以上、首都高では立ち往生が続いたらしい。板橋JCTから江北JCTまで、7kmにわたって路面が凍結していたとか...。
確かに、特に江北JCTの手前、荒川を超えるところは風が強い。路面も凍り付きやすかろう。

そういえば、6日の晩の首都高のサイト、中央環状線の北側は真っ黒(通行止)になっていたっけなぁ...。


あの電光掲示板を見落とすか、無視して直進していたら、私も数時間の足止めを食らっていた可能性がある。あるいは扇大橋出口の下り坂(こちらも短くはない)で追突事故を起こしているか。
幸運だったのだろう。
あの午後から晩にかけて、東京だけでも600件を超える事故があったとは聞いていた。


雪道のスタッドレスタイヤ、一度だけ体験したことがある。山陰山陽旅行の際にレンタカーで。
あの安心感と、(自宅の車の)夏タイヤの不安定さ。本当に雲泥の差である。両方体験できて良かった。

賀正。
年末のテレビ見てて、改めて考察したコトを。

ま、結論から言うと「アリかも」と思い直した。ま、多分「やらせ得点」だろうけど。
「カラオケ採点」のアルゴリズムを知らない(と言うか、巷の「カラオケ」メーカーの「打ち込み担当」さんが、あんなにも細かい採点基準を設定する理由がない)し、テレビの採点と「カラオケボックス」の採点が同じである保証も無いけど。

あの類の番組を見た当初(何年前だろう)は、「有効数字5桁は無いよなー」って思った。

が、「あり得るのかな?」と思った理由が一つある。
「果たして、世の中で『オール5』を取れる人は何人に一人なのか」という話に関わって。


私が中学生のとき、評価の"1"と"5"は、約7%と決まっていた(らしい)。学校内での「相対評価」がルールだった時代、昭和末期の話だ。

私は、この生涯、「オール5」は取れていない。「最良」だったのは、中3のときだ。
体育だけ"3"だった。あとは"5"を獲得した。音楽も美術も技術も。
内申は43だったことになる。なお、ペーパーテストは487点/500点満点。英語で2問、数学で1問ミスした。ありがとう進研ゼミ。
当時は内申とペーパーテストの両方で「基準値」を超えないと、都立高校には入学できなかったはずだ。母校のその基準、さすがに覚えてはいないが。

もし、評定が「単純な確率論」ならば、9科目でオール5を取れる確率は
0.000000000040354...
である(らしい)。
おおよそ1千億分の4だ。
0.07の9乗。

私の知り合いで「(都立高校への)内申で45(オール5)を取った」と明言したのは2人だけだ。
元同僚で高校同窓の先輩と、高校の時の同じ部活の1コ下の後輩。
まあ大体、昭和末期の都立小石川に於いては、オール4では入学は叶わなかったはずだ、確か。
で、「あなたの内申は幾つ?」なんて下世話な話もしない。
同僚の先輩は当然のこととして、後輩氏についても「上記事実」を知ったのは、高校卒業後、かなり経過してからだった。
先輩についても、何かの折に「たまたま」その話を聞いただけだ。

余談(?)が長くなっている。
結局、例によって、私は何かしら自慢話をしたい、過去の栄光を語りたいだけなんですけどね。

で、「1千億分の4」に、この生涯で2度も遭遇するわけはない。
「オール3」よりは少ないだろうが、「オール5(と、残念ながらオール1)」は、「オール4」または「オール2」よりは、存在確率が高かろう。

そんなわけで(説明を端折りすぎ?)、「カラオケが『天才的に上手い』ヒト」を評価する場合、有効数字5桁も「無くはない」のかなぁ...

...って、
ンなコトあるか、ボケ!
(どっちやねん!)


この文面は、無益な訴訟等を避けるため、「断定的な物言い」を控えておりますm(_ _)m
では、今年もよろしくお願いします。

ロッカーに対して粛清を行う

カテゴリ:

室内用の運動靴が壊れかけていた。靴底と本体が分離し始めてた。右足の右側(外側)、左足の右側(内側)、共に。

基本的に「球技大会」とか「体育祭」あるいは学年でのレクリエーションなどの際に履いていた靴だ。
今まで、全面が革製で黒いAdidasのやつを好んで使っていたのだ。"Stan Smith"とか"official"とかね。壊れたのは3代目くらいだったかなぁ...。

最近は、あまり「Adidasの革製の真っ黒い靴」を安く売っていない。
保護者会とか学校説明会の際にも、黒い革製の運動靴ならば、それほど「違和感」を生じないだろうと考えて、そいつを使い続けていた。

私は職場で、普段はChacoのサンダルを愛用している。
さすがに「スーツに(靴下に)サンダル」は、あまり格好良いとは言えないので、「改まった場」のときは、上記「運動靴」に履き替えていたのだ。まぁ、真面目な先生だと普段から革靴を履いていらっしゃる方も居る。私は足が蒸れて臭くなるのが嫌なので、通気性の良い履き物を好むのだ。
ま、サンダルは色々試しましたが、Chacoが現時点で最良ですね。職場で年中使用し、自宅にも一足置いてある。自宅は夏用。

で、とうとう私も「運動部顧問でもあった自分」とは、別れを告げる事にしました。
スーツには普通の革靴を合わせる事にしたのです。今日の午前中、買ってきました。

また「室内での運動用の靴」については、「ソフトボール部の練習を行う時」に履いていた、Adidasの"Barricade"を転用することにしました。この"Barricade"ってのは、テニスシューズなんですけどね。
「人工芝用の野球シューズ」ってのも昔から存在してますが、あまり格好良いとは思えなかったんですよね。ベルクロ(マジックテープ)はあまり好きじゃなくて。また、ソフト部顧問は基本的に「スライディング」をすることでも無いので、紐の結び目を守る「ベロ」も不要です。
で、「デザイン」と「人工芝対応」と「耐久性」から、その"Barricade"を買ったのです。実際丈夫です。買ったのは10年以上前のはずだけど。

で、ついでにロッカー内の運動着なども処分する事にしました。
就職し、ソフト部顧問になりたての時に買ったWilsonのジャージがあったのですが、ここ10年くらいはそのジャージは履いていませんでした。捨てました。
「薄ら寒い時に羽織っていた薄いPUMAのウィンドブレーカー」も捨てました。
念のためにロッカーに置いておいた「予備の靴下」とか「予備の白いTシャツ」とかも捨てました。シャツは黄色くなっていた。

とは言え、また数年後には粛清を行う必要が出てくるのでしょう、きっと。


ソフトボール部顧問であるということは、一時、私のアイデンティティのかなりの部分を占めていました。
アイデンティティ、それは言い換えれば「何かを『しない』ための言い訳」とも言えるでしょう。当時から薄々自覚して...、いや明確に自覚していました。
「理科の研修があるけど、興味もあるけど、部活指導で参加できないなぁ...」って。


30歳前後のとき、マジで職場に嫌気が差す出来事がありました。「辞めたろか」って思いました。およそ一晩悩みました(短か!)。

で、その晩に考えたことは「ソフトボールの部員を放置したまま、この職場を去ることはできない」ってコトでした。
本当です。その時はね。
今は部活指導もあまり関係なく、のほほんと暮らしてますけど。


そんなわけで、運動着を捨てるのは覚悟が必要なんです、なんとなく。
職場のみんなで買った「(割高の)アメリカ製、NIKEウインドブレーカー」は、きちんと使い続けています。

悪しきニホンゴ

カテゴリ:

ってホドでも無いですけどね。
私、あの「良き(善き)」で終わる変なニホンゴ(話し言葉・書き言葉?とも)、嫌いなんです。
そこは「良し(善し)」だろう、と。

「よきかな(善き哉)」だったらよい。
「よきことなり(善き事也)」でもよい。

「よきよき」って言葉、気持ち悪い。
で、ググってみた。5年くらい前から存在し始めたらしい。悪し悪し。

「よき」ってのは「連体形」でしょう、古語の。
何で、連体形なのに終止形として使われるのか。解せぬ。キモし。


嫌いというと「ほぼほぼ」というニホンゴもある。私は使った事が無い。だって「ほぼ」で良いじゃん。
「方言説」もあるようだが、よく分からない。私は標準語を話す東京在住者なので、方言を使う必要はほぼ無い。
まぁ、語尾の「じゃん」は横浜の方言?という説もありますね。
って、ググってみたら「三河弁由来説」もあるんですね。知らなかった。
茨城に住んでた時(~小4)、私も茨城弁を使っていたはずなのだが、ほぼ忘れたっぺ。


過去の似たような日記
「当マンションにお住まいの皆様へ」 -グダグダなニホンゴ-(2008年11月)
ですよねー(2019年3月)
許可なく校内への立入りを禁じます。(2020年6月)
プチプラ?(2021年2月)

例によって、表題で言い切りました。
一応、補足します。

私はニンニクは比較的好きです。
肉も最近は嫌いではありません。

焼き鳥のつくね、ユッケという名の生肉(マグロなどの生魚でも良い)、譲って納豆。
その辺にはあっても良いです。無くても全然困らない。
すき焼きでは特に要らない。

生卵のコトです。


大学があったJR国分寺駅の南口には、「スタ丼」屋がありました。
自宅生だった私は、「イベント(?)」として行く場合がありました。
あの店では「スタミナライス」があったのが、有り難かったです。ニンニクで炒められた豚バラ肉が「別皿」になっていて、特に生卵は付随しない。素晴らしい。
その店の初回訪問時、生卵の載ったスタ丼を食べてしまったような気がします。

なんか、生卵、好きじゃないんですよね。


最近研究(?)してる、職場近くのラーメン屋さんには、「スタミナラーメン」なるメニューがあるようです。
肉野菜ニンニク炒めの載ったラーメンで、その頂には生卵が鎮座しているっぽい。食べログなどを見る限り。

「生卵は要らないです」と言って、オーダーする手もある。
が、恥ずかしがり屋の僕に、そんなコトは可能なのだろうか...?


松屋の牛飯のセット、生卵と半熟卵が選べるのは素晴らしいと思います。
でも、卵がそもそも不要なので、単品牛めしに単品生野菜を添える私です。
そして、何か損をした気がしてしまうのでした。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。