ギリシア文字

カテゴリ:

The Final Countdown

カテゴリ:

中学時代の友人と「24時間テレビ(の何か)」に参加すべく、雨の降る昭和記念公園へ行ったのだ。

サビの"The Final Countdown"ってフレーズにて検索してみた。やっと辿り着く。


過去に、幾度か検索してみたことはあったのだ。多分、本気(?)を出してなかったのだろう。
EUROPEってバンドで、スウェーデンの出身だったらしい。
当時、かなり流行った。

Wikipediaを見る限り、1986年のことだったのだろう。
中3のとき(1985年)かと思ってた、ずっと。高1だったんだね。


カップヌードルを売ってた。食べた。8月だけど寒かった。日清食品はスポンサー。
ここまで記してて、「特殊なカップヌードル」を食べた記憶が蘇る。ちょっとググってきます。多分「ビーフヌードル」だけど。






ただいま。
1987年だったわ。
高2か。
ビーフヌードルは1987年の限定だったらしい。


カップヌードルを食べると、時々思い出してしまうのだ、昭和記念公園を。

さっき、チリトマトヌードル食べたのだ。
"The Final Countdown"が流れ始めた、例によって。


で、さっきからLINEミュージックにて、聞いてみてる。EUROPEの"Super Hits"ってアルバム。
他の曲は、全然知らないや。


雨の中、EUROPEは演奏してた。
最後は繰り返し"The Final Countdown"を演奏してた。
ほかの曲も演奏してたけど、とくに盛り上がらなかったコト、覚えてる。
演奏途中で(私の知らない)曲を打ち切っていたようなこと、今思い出した。記憶の捏造なのか、正しい記憶なのか...。
何時間、僕たちは雨の中に居たのかなぁ。

彼ら(EUROPEの面々)にとっても、「雨の極東の忌まわしき思い出」なのではないかと予想する。
ま、34年前なんて、どうでも良いか(笑)。


歌詞は「たま」の「さよなら人類」に似てるらしいこと、改めて知った。
「世紀末」や「環境破壊」を憂える歌でもありそうな感じ。
でも、単なる「SFチックな歌」かも知れない。

tc20211111.jpg
さーふぇいす????

元ネタはこちら
techcrunchの記事。


職場で「サーフェイス」って「文字で書く(メールに記す)」方が居た。すでに一ヶ月くらい前だけど。「さすがにそれは無いだろう」って思ったのだった。

隣の席の物理専門の同僚に確認する。
「Surfaceは『さーふぇいす』じゃないよねぇ...」
同意してもらった。

(国語科の)同僚とテッククランチの「合わせ技」に遭遇し、駄文作成開始。


ググってみる。Chromeの「シークレットモード(私によるバイアス(?)が無いはず)」で。

サーフェイス 約 1,630,000 件
サーフェス 約 7,430,000 件
サーフィス 約 649,000 件

ま、やはり「サーフェス」が無難な「読み」らしい。
が、「サーフィス」の方が、英語の発音に近いのだろう。


同様に気になるのが、
パーテーション
かなぁ...。
「仕切り」ですね。コロナ禍で需要が増したという。

パーティションが良いと思うのだが、「ぱぁてぇしょん」の方が人口に膾炙(?)しているようだ。
ハードディスクを細かく分けていた「98ユーザー」からすると、partitionはパーティションだろう。
パーテーション?
昭和のジジイの発音?


で、一応告白しておく。
sustainableは、サスティナブルだと思ってた。
が、「サステイナブル」あるいは「サステナブル」の方が、英語の発音に近いようでもある。
偉そうにするな、昭和出身の私。


lithosphereとかasthenosphereは、地学的?に「リソスフェア」「アセノスフェア」と表記される。
だが、sphereは「スフィア」ですよね。
そういう「提言」を以前に見た。既に10年くらい前。

って、ググって再発見した。

日本地質学会 - 間違いだらけの発音選び
http://www.geosociety.jp/faq/content0066.html

だった。

好きだけど

カテゴリ:

酒薄い改めて知る鳥貴族

様子。
最初は9月の頭だった。やけに早かった。
2度目が一番盛大だった様子。
この数日、都内の何ヶ所かで、キンモクセイの匂いと花を確認した。
「2度咲き」は時々あるが、「3度咲き」は記憶にない。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。