私が読んだのは「初版」である。一応アマリンクを。
その版の「訳者あとがき」には、「20001年」とあった。当然、本来は「2001年」とすべきところだろう。
ネット上には、同じツッコミをしている方がいらした。

以下は、自分用のメモ。
「6つの数」の大きさとその定義、それに伴う効果・影響・結果などを。
なお、私の誤解が含まれている可能性が多分にある。 

N(10の36乗):万有引力/クーロン力

 →原子どうしの結合様式や恒星等の大きさ

ε(0.007):陽子2個の質量+中性子2個の質量-ヘリウム原子1個の質量(核融合効率)
 →元素の種類数や恒星の寿命

Ω(0.3?):臨界密度=重力エネルギー/膨張エネルギー(原子だけ考えると0.04に過ぎない?)
 →ダークマターなどの存在?

λ(ごく小さいが、0では無い):反重力(ダークエネルギー・宇宙定数)
 →宇宙の進化を方向付ける?

Q(10のマイナス5乗):重力でまとまっているものを散らばらせるのに必要なエネルギー/その構造の静止質量エネルギー(mc²)
 →宇宙の大規模構造を決定した「インフレーション」に由来?

D(3) 我々の世界の次元(dimension)数
 →何故、その数なのか?


改めてその意義(?)を知ったのは、"ε"である。
「核反応(融合でも分裂でも)」は、質量欠損が起きることは知っていた。そして、その際には、失われた質量m(kg)に、光速c(299,792,458m/s)を2度掛けたものに相当するエネルギーE(J)が発生することも。
かの有名な"E=mc²"である。アインシュタインが導いたという。

ヘリウムの材料である「陽子2個と中性子2個」の質量を1とすると、核融合の結果生じるヘリウム原子1個の質量は0.993となり、0.007(0.7%)の質量が失われる。そこまでは聞いたことがあった。

で、この本が言うには、この値が0.8%であっても、0.6%であっても、『この世の中』にはならないそうなのである。この値は『ビッグバンで生じた水素原子の23%がヘリウムとなった』ことにも関わっているらしい。
地学(基礎)の教科書であれば、「初期宇宙は(原子数で)水素が93%、ヘリウムが7%」と記されている件である。


もう、何の本で読んだのかは忘れたが、この「水素とヘリウムの比が違っている場合、宇宙そのものが違ったものになる」という説を見たことがある。この「ビッグバン直後の元素存在比」があったからこそ、「この(我々の存在する)宇宙」がある、ってハナシだったはず。
今回この書籍に触れることにより、「εの値によって『水素・ヘリウム比』が決まるし、自ずと生成する宇宙全体の性質や行く末(進化の方向)も決まる」ってコトだったのだろうと理解した。

というコトで「曖昧な理解の上塗り」になるのだが、"ε"(核融合効率とも言うらしい)が0.007であることは、重要なことらしいのだ。
その「詳しい説明」は記されていなかった(と思う)。


この書籍は面白いのだが、難解でもある。そして、私の世界が広がったことは確かだ。
また「分からないこと」が増えた。
この書籍は、結構色んな書籍等の「参考文献・参考図書」に挙げられていたのである。やっと読み切ることができた。

この数ヶ月くらい、いや、1年以上、オリンピックについて考えている。
過去には「それなり」に「オリンピック(中継)」を見ることはあった。全般的には面白かった。

私は「スポーツ観戦」という趣味を持たない。
プロ野球(試合前のシートノックを含む)とか、ソフトボールの国際試合などについては、肉眼で幾度か見たことはある。それはとても面白かった。

私はスポーツ観戦は「(安易な)現実逃避」であると見なしている。
常にアルコールを摂取して、「何か」から逃避している私が言うのも何ですけど。


そんな私は「汎神論者」である。
神は1つではなく、特定少数の神が居るわけでもないと考えている。
目に映るもの、すべてが「意思(=神)」の結果だと考えている。
つまり、この世界に神など居ない、とも言える。

そしてまた、ヒトが生きる意味、そんなものは無いとも思っている。
生きる意味が見つからないからこそ、宗教が蔓延るのである。
宗教にすがる、依存するのも、ヒトとしての「妥当な選択肢」なのだろうとは思う。ヒトは誰しも「楽に生きたい」と願っているはずだから。


で、オリンピック。
そこへの出場を目標にしてきたヒトにとっては、「開くべきもの」なのだろう。

しかし、そのような「エゴ」によって、「市井の人々(=東京都民あるいは日本国民)」の健康が脅かされることなど、あってはならないと思うのである。

オリンピックに出るようなヒトは、素質と努力によって「その地位」を得たのだろう。それは素晴らしい。
とは言え、「ボーッとオリンピックを眺めるようなヒト」も、『同じ一人のヒト』である。

ヒトの「エゴ」で、他のヒトが「危険に晒される」なんてコト、許されないと考える。ましてや「オリンピックで儲けたいヒト」、アンタらは不要だ。

私に言わせれば、オリンピック開催も、私が生きていることも、無意味だ。

でも私は、「私が生きること」に価値を見出そうとしている。見出せるように生きている。
で、私が生きていても、それほど「他人の命」を奪ってしまうことは無いだろう。それに対して、オリンピックを「現時点で開くこと」は、(貴重な)ヒトの命を、必要以上に奪う可能性がかなり高いと思われる。
だから、東京オリンピックは開くべきではないと考える。

まぁ、広い意味で言えば、先進国のヒトが生きること(たとえば交通機関での移動・異国の食物を食べること・ネット上に駄文を晒すこと)は、途上国のヒトの搾取ではあるが。

壁 卵 ユニクロ

カテゴリ:

村上春樹さま、「納得の上」なのでしょうか?
大人は大変ですね。
「搾取」の「権化」と付き合う必要が、あるなんて。

ベランダ、エアコンの下、ゴミが溜まっていることは知っていた。

排水管(ドレンホース)が固定してあり、そいつが掃除の邪魔をする。
箒のようなものを突っ込んだとしても、なかなかゴミが取り切れないのである。

約1週間前「掃除の新たな手法」に気づいた。
「メチャ長い箸」を使えば良かったのだ。
20210524.jpg
得体の知れないゴミたちが採集できた。埃と毛髪と植物が主要構成要素。

画像の「箸」は、当然箸ではない。
植木鉢の付属品である「リング支柱(と呼ぶ場合が多いらしい)」の2本である。アサガオなどの鉢植えに使われるヤツ。
本来は3本一組であった。数年前、子が1本を折ってしまっていた。土いじり(?)をしている最中のことらしかった。捨てるには忍びない気がしたので、保管してあったのである。
そいつが役に立った。


これだけ「長い箸」を扱える人間は、そうそう居ないだろうと思い、(日記に記そうと思って)記念撮影をした。
私の手はそれなりにデカい。ピアノの鍵盤換算(?)だと、親指と小指で「ドとオクターブ上のミ」を同時に押さえられるくらい。

九条ネギに開眼

カテゴリ:

何故、私は九条ネギを美味いと思わないのか、その理由が分かった。
「ネギ特有の『ヌルヌル』に欠ける」からだ。

深谷ネギや下仁田ネギの方が好きだ。
小ネギ(万能ネギ)でも良い。

九条ネギには有り難みが湧かない。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。