エナメルバッグに関わる流行について

私はここ2年くらい、ずっと謎に思っていたことがある。
思い出したので、記す。

エナメルバッグ(画像ググリンク)というものがある。

私がそいつを買ったのは、教員になり、ソフトボール部の顧問をするようになってからだ。野球やソフトボールなど屋外で行うスポーツは、自分のカバンも屋外に放置するしかない場合が多い。当たり前だが。
エナメルバッグ(そもそも、アイツは合成樹脂であり、真正の「エナメル」では無いが)は、汚れにくい。埃や泥がついても、拭けば取れる。若干の雨にも耐える。

で、そのエナメルバッグ、最近「ベルトを結んで短くしている輩」を見るのだ。

ベルトの長さが調節できないのなら、結んで短くするしかあるまい。しかし、アジャスター(?)が存在しているにもかかわらず、ベルトを全開バリバリに長くした上で、ベルトを結んで短くしている若人(だいたい高校生♂)を見るのだ。

あのセンスは、理解できない。ま、一種の流行なのでしょうけれどね。


関連する過去の日記
腰パンって見苦しくない?(2004年6月)
掃除ボランティア増殖中(2006年4月)

ここにあるのは、Masakiが2012年5月 6日 19:07に書いた日記です。

ひとつ前の日記は「リスクマネジメント」です。

次の日記は「20云年ぶり2回目の「中本」」です。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。