「総合的な学習の時間」は廃止だ

私は「総合的な学習の時間」の廃止を訴えてきた。かなり細々と。

画家になる方法
http://www.ariori.com/diary/2001/06/16/

高校での学習活動、どれが好きですか? と 咆哮予告
http://www.ariori.com/diary/2007/03/28/

消えゆく教科「情報」
http://www.ariori.com/diary/2007/07/11/


改めて並べてみると、日記の表題自体に「総合的な学習」という文字列がない。「細々」に過ぎた。

ここ数年間の「教員による"総合的な学習の時間"に対する努力」は無駄になることはないだろう。自分の専門分野を教授する際の「肥やし」になるはずだ。自分を振り返ってみて、強くそう思う。

文部科学省の役人は、勇気を持って「総合的な学習の時間」を廃止すべきなのだ。誰にでも間違いはある。「総合的な学習の時間」導入は失敗だったと認めればよいのだ。なまっちょろく「削減」なんて言わず、「廃止」だ。

私は、中教審が行うであろう「意見募集」に意見するつもりだ。「総合的な学習の時間」は廃止せよ、と。
で、早速準備を始め、以下のページを発見した。

パブリックコメント(意見募集中案件一覧)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public


ここまで書き、私は気付いてしまった。文科省の役人は「総合的な学習の時間」廃止を考えているのだ。
ただ、自分じゃ「総合的な学習の時間、止めます」って言いづらい。プライドも高かろうから。

既に教員に対するアンケートは実施済みだ。
後は「総合的な学習の時間は廃止せよ」っていうパブリックコメントの集積を待つだけなのだ。

ここにあるのは2007年11月 2日 21:23の日記です。

ひとつ前の日記は「赤坂と赤西の違い」です。

次の日記は「センター試験の地学受験と、新しい「学習指導要領」」です。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。