色覚"アンチ"バリアフリーな西武鉄道の新しい路線図(案?)

実家の最寄り駅は西武池袋線の東長崎である。久しぶりに訪れたところ、2面4線への工事も最終段階に入ったようだった。

新しいホームには、新しい路線図などが置いてあった。コイツの色合いが、非常に見づらかった。
"おしゃれな色遣い"にした"つもり"なのは分かる。しかし、彩度が低い色ばかりで路線が示されており、色覚異常の強いヒトには判別が難しいと思われるのだ。
せめて、東京メトロや都営地下鉄を見習い、路線にアルファベットや数字などを振って欲しい。その方が、日本人以外のヒトビトにも使いやすいはずだ。

で、以下の「意見」を西武鉄道へ送ってみた。

実家が東長崎にあり、昔から使用しております。
本日、東長崎駅の上りホームで、新しい路線案内図(案?)を拝見しました。

全体的には落ち着いた色合いとなったようですが、色覚異常の人々には判別しづらい色遣いになった気がします。
明度や彩度を変更したり、路線にアルファベットを振るなど、改良の余地があるように思いました。

"色覚バリアフリー"等の語句で検索を行うと、いろいろと情報が得られると思います。
ご検討よろしくお願いいたします。


自分では「路線図」を撮影しなかった(鉄ちゃんに見られたくなかった)ので、以下のサイトを紹介します。

参考リンク (拝島駅にもある、新しい案内板)
虹ブログ:新デザインのサインシステム


-----------10月29日追記-----------

西武鉄道から、こんなメールが来ました。

From: 西武鉄道お客さまセンター
Subject: 東長崎駅上りホームの路線案内図について

小川 正樹様

平素は西武鉄道をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
また、この度は貴重なご意見を賜りまして厚く御礼申し上げます。

東長崎駅上りホームに設置している総合案内板の路線案内図につきまして、ご不快な思いをお与えいたしまして、誠に申し訳ございません。

賜りましたご意見につきましては担当部署に申し伝え、今後の貴重な参考ご意見とさせていただきますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

西武グループでは「でかける人を、ほほえむ人へ。」のスローガンのもと、今後ともお客さまに喜ばれる鉄道を目指してまいります。
今後とも何かお気づきのことがございましたら、お知らせいただければ、幸甚に存じます。
これからも西武鉄道をよろしくお願い申し上げます。

西武鉄道お客さまセンター
(担当 ○○○○)


担当者の氏名は伏せました。

誠実なクレーマーとして(?)、西武鉄道の真摯な対応に敬意を表し、メールを披露しました。

ここにあるのは2007年10月28日 23:01の日記です。

ひとつ前の日記は「Excel と IEEE 754 --小数の計算で知ったこと--」です。

次の日記は「赤坂と赤西の違い」です。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。