酒談義

アル中の私。
酒を買うときって、どうしても「度数」を気にしてしまいますね、そして量。そう、結局は総アルコール量を気にしてしまうのだ。勿論、美味しさも重要な要素ですけれども。
最近日本酒に傾倒している私なのです。買うのは基本的に「純米酒」ですね。そして、製造からせいぜい3か月以内のものを選ぶ。価格は2500円くらいまで。ビールも好きなんですけど、特にビールと日本酒は品質の劣化が著しい気がします。ってか、ワインはあんまり美味い不味いが解らないのです。ラベルが横文字であることもあり、あんまり銘柄を覚えられないってコトもありますね。ウイスキーや焼酎などの蒸留酒は数ヶ月くらいじゃ品質の劣化は無いんじゃないかと勝手に思っています。
で、値段ね。この間、焼酎一升で2万5千円くらいのものがあることを知りました。超インフレ銘柄なのでしょう。日本酒一升でもそれほど高価なのってあんまり見ませんよね。私、ウイスキーはスコッチが好きなのですね。あんまりバーボンは好きじゃない。シーバスリーガルとか好んで飲んだりするのですけれど、最近研究するに「シングルモルト」ってヤツの方が美味いみたいな情報を得るのです、度々。ビールを基準に度数・価格を考えるとウイスキーは4000円くらい出しても良いのかも知れないけど、根が貧乏性なもので2000円台のボトルしか買ったことが無いのでした。今度高いウイスキー買ってみようと思っているのでした、シーバスリーガルも底をついたので。
職場から出た春休みの宿題を力業(?)で終わらせ、ノホホンとしている僕だった。酒もあるし幸せ。

ここにあるのは2003年4月 4日 21:00の日記です。

ひとつ前の日記は「人の振り見て…」です。

次の日記は「カテゴライズ」です。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。