solar eclipse

歴史にifは無い(らしい)ので、これは私の想像でしかないのであるが、私は何度も考えた。そして今日も考えてみる。
「もし、月と太陽が同じ大きさに見えなかったら」「もし、太陽が2個以上あったなら」「もし、月が複数あったなら」・・・・云々。
現在の地球は母なる太陽を1つ持ち、衛星であるところの月を1つ従えている。太陽は直径で月の400倍大きいが、400倍遠いところにあるため、地上の我々には同じ大きさに見える。もちろん、私がメジャーで測ったワケではないので、噂でしかないのですけどね。
「ドレークの方程式」、ご存じない方はこの語を検索してみてください。地球という星が水を湛え、生命が誕生し、私(やアナタ)が存在してのは、非常に低い確率であるだろうということを何となく感じられるのでは無いでしょうか。
で、やっと本題なのですが、もし月が無かったら例え人類が生まれようとも、暦の作成には相当時間がかかったのではないか、なんてなコトを考えてみるのですよ、私は。例え600万年前に現人類の祖先が生まれたとしても、農耕を始められずに今(パラレルワールド?)に至っているのではないかなぁとか。
あるいは、公転面と自転軸が垂直だったとしたら、人類は「その日暮らし」から脱却できないのではないかなぁとか。

「日蝕 solar eclipse」が昨日あったらしいが、曇ってて見えなかったなぁ、というところから徒然なるままに記した。

ここにあるのは、Masakiが2002年6月12日 21:00に書いた日記です。

ひとつ前の日記は「W杯出場への秘策」です。

次の日記は「チャンプルー」です。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。