ヘドジェクトX 続きの2

小川はとりあえず布団を干した、以前よりはまめに。しかし、気にすれば気にするほど円柱が眼に付くのだった。
「こうなれば『お国』のために死ぬしかない。」と小川は思わなかった。『プロジェクト某』ではないので。(打ち消し多すぎ)
しかし、謎の節足動物が棲むかも知れない布団の上に寝ているという思いこみは、小川を確実に蝕んでいった。
小川氏は宣う。「あの頃の彼の姿は正視に耐えませんでした。鏡を用いてその姿を確認するのが精々でした。スミマセン、小川さん・・・・・」

ヘドジェクトエーックス(エーックス、エーックス、エーックス・・・・)

ここにあるのは2001年11月21日 21:00の日記です。

ひとつ前の日記は「どっちの料理ショー」です。

次の日記は「教育基本法」です。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。