皮膚癌発病疑惑(完結)

結局のトコロ、1週間にわたって鉄乳鉢(というモノがあるんです)で岩石を砕き続けていたところ、その微細な破片が皮膚にめり込んでいたようなのであります。私のカラダは「何じゃこりゃ?こんなモノいらん!即排出ナリ!」と、適当な部署?(皮膚における何らかのユニット)毎に其の破片をまとめていたらしいのですな。その黒いもの(鉱物の集合体)を見て、私は「癌?」と思ったわけであります。
癌ではないことに気づいたとき、生命は偉大だ(良くできている)と改めて思ったスヨ。

ここにあるのは、Masakiが2000年12月17日 21:00に書いた日記です。

ひとつ前の日記は「皮膚癌発病疑惑(2)」です。

次の日記は「パソコン破壊未遂」です。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。