そして考察

私が、私に対して(不安に)思うのは、「なぜ私は「サザエさん」に不変を求めたのだろうか?」ということである。

年寄りは言う「昔は良かった」と。

私は「そんな言葉、吐くまい」と思いながら、十数年生きてきた。しかし、言葉にはしないものの、私の心の中に過去を懐かしむ気持ちが生まれつつあり、それが「磯野家(及び、その雰囲気)の変化への過剰な反応」として表出したのではないかと自己分析している。
現存のTV番組のなかで、私における通算視聴時間が最も長いのは「サザエさん」であるし。

ここにあるのは、Masakiが1999年1月18日 21:00に書いた日記です。

ひとつ前の日記は「日曜夕刻の定番」です。

次の日記は「夢の不思議」です。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。