同士求む

無事(泥棒に盗まれることもなく)テストの採点も終わったので、ちょっとお気楽な私です。近年、うちの学校ではワープロ(ビジネス書院:1台数十万したらしい、今はどうか知らぬが)から一太郎(またはワード)へ転向する人が増えつつあり、試験問題などをつくろうとしても、機械が空いていないことがあります。(ワープロもそうなのですけど。)そんなわけで、自分用のセカンドマシン(プレイステーションを考慮に入れるとサードマシン)を購入しようかなーと思いつつ、ここ数ヶ月が経過しているのです。レッツノートにしようか、VAIOにしようか・・と。
どうも、私は値崩れ寸前にものを買う才能があるようで、このパソコン(PC9821Xa10/C12)は「もろ品切れ」時に予約、プレイステーションは初期型(ただし、多少安く買った。持つべきものは友ですね。)、メモリーは64メガを4万ちょいで、2.1ギガのHDDは・・・と書き連ねても、あまり意味がありませんな。まあ、それぞれそれなりに使っているので、全く無駄な出費って訳でもないのですが、買ったパソコンがどんどん値下がりするのはうれしいものではありません。
人がパソコンを買ってしばらくすると「あれだけお金出したのに・・・」と言い出しますが、それを聞くのは嬉しいものです。「同士よ」てな感じで。

ここにあるのは、Masakiが1998年7月11日 21:00に書いた日記です。

ひとつ前の日記は「今日気付いたこと。」です。

次の日記は「眉の中の傷」です。

最近の日記はこちらで見られます。過去に書かれたものはアーカイブで見られます。