トップページ >> 色覚異常について >>

始めに

2002/8/5 上梓

 

 この私のホームページ、3000カウントも超えた。不思議だ。
 「日記」は更新しているものの、「花子画像集」もネタとしては弱い。それでも地味にカウントは伸び続けてきた。

 ここのところ、私という人間について考える機会が増えた。そしてふと思った。
 私の特徴は何だろうか「大酒飲み」「理科教師」「ソフトボール部顧問」「痛風予備軍」。

 しかしそれらとは、一段違ったレベルの特徴があるのだ、「色覚異常」という。

 私はこの自分の特徴を特に隠そうとしたこともないが、殊更にそれについて詳しく語ったことは無かった、このページ上では。

 授業中に時々その事実を告げることがある。彼女らには不思議がられる。「どう見えるんですか?これは何色?」と。

 健常者(?)のヒトビトが、「色覚異常」というものについて、多少なりとも理解が深まれば良いと思う。「色覚異常」について、「遺伝」や「バリアフリー」について、私なりの思いを披露していきたいと思う。

 もしかすると、私はこの文章群を作成するためにホームページを作成し始めたのかも知れないと感じています。

 


リンク、適切な引用はご自由にどうぞ。
一つ上の階層へ
トップページ